TatsuroYasui

        

ビール

2016.11.17

最近仲の良い韓国人の友達に、「今友達の家で飲んでるから来ない?」と誘われた。

外が寒すぎるせいで快く行く気にはなれなかったけど、特にやることもなかったのでジャケットを着て家を出ようとした際に、手ぶらで行くのは申し訳ないからせめて自分の分のビールは持って行こうと、冷蔵庫を開けて一本の缶ビールをリュックの中に入れた。

外へ出ると極寒の雨天で、なんだよ面倒くさいなとちょっと思いながらバス停に向かう。頼りにならないグーグルマップではバスが15分後に来ますって表示されているけど、運良くバスはすぐそこに。バスに乗り込み最前に列の空いている席に座り、3分くらいしただろうか、太ももに何か濡れている感触を覚えた。はじめは傘の水滴だと思ったが、それにしても足に水分が染み込んでくる。僕は膝に乗せていたリュックを持ち上げ自分の太もも確認してみると明らかに傘の水滴ではない何かがジーンズにしっかりと染み込んでいるではないか。

 

このとき僕は思い出した。それは僕がまだ京都の大学生であったときのことだ。僕は当時結婚式をビデオで撮影するというバイトをしていた。映像を大学で学んでいた僕にとっては専門性のあるバイトでとても楽しかった。ある日、僕はいつものように、当時住んでいたボロいアパートからバイト先である京都市内のとある結婚式場へ向かったのだが、疲れていたの気合を入れるためなのか覚えていないが途中でレッドブルを買って機材バックの中に入れた。

会場に到着し、レッドブルを飲んでから準備に差し掛かろうと思い、機材バックを開けるとほんのり甘い匂いがするではないか。そして僕はバックがびっしょり濡れていることに気がついた。もちろん原因はそのレッドブルである。缶の側面の一部を何かにぶつけたようで、穴が開いてドリンクが漏れ出していた。そしてカメラもがっつり濡れていた。僕はそれまでに色んなカメラを触っていきたがレッドブル風味のカメラは触ったことがない。ベタベタになったカメラがちゃんと動くか僕はすぐに電源を入れて確かめた。

電源はちゃんと入った。そしてちゃんと録画もできることを確かめた。よかった、これで撮影できないという大惨事は逃れることができる。と思ったのだが、ん?音が変だ、、、。音がバキバキに割れている、、。設定を間違ったか?いや、音声の設定はいつもの通りだ。でも音が割れている、、、。

焦った。やっちまった、レッドブルでカメラの録音機能を壊してしまった。

どうしようもすることができないので、その撮影はその壊れたカメラで行わざるを得なかった。音はもちろん使い物にならないので、後に編集の人をひどく困らせてしまった。

 

ということを僕は思い出した。

つまり今回のこの違和感がそれと一緒かもしれないと悟った。そして恐る恐るリュックを開けて中を見てみると案の定びちょびちょ。

なんとビールにものすごく小さな穴が空いていてそこからビールがピューっと飛び出していた。

僕はそれを見つけるやいなやその穴を中指で塞いだ。なんとかビールの噴出は防いだが時すでに遅し。リュックの中はビショビショでなんなら少しビールが底に溜まっている。そのたまったビールがリュックから染み出して僕の太ももへと沁みてきたわけだ。約10分のその小さな穴を押さえてなんとか目的の駅に到着。ビール臭たっぷりのリュックを持ってバスを降りた。極寒の中、ビールで濡れたジーンズとビショビショのリュック。もう最悪だ。

なんとなくリュックの中を拭いた後、暖をとるために近くのコーヒーショップへ。熱々のアメリカーノでちょっと体温回復させ、カバンも少し乾かすことに成功した。

友達のところにたどり着いたのは約束の時間からだいぶ遅れてしまった。申し訳ない。

 

もうカバンの中に缶は入れない。

缶は柔です。